ABBYY FineReader Server ABBYY FineReader Server

自動化・大量の文書変換サーバー

アクセス・検索が可能なデジタルリポジトリを作成できます。

大規模な文書変換用に設計された ABBYY FineReader Serverでは、大量の文書を検索・アクセス可能なデジタルリポジトリに自動で変換することができます。 サーバーベースの OCR や PDF 変換ソリューションでは、スキャンした文書や電子文書をPDF、PDF/A、Microsoft Word などの形式に変換し、検索・長期保存・共同作業・追加処理 を迅速、正確、かつ自動的に行います。

動画を見る

主なメリット

コンテンツを標準化

複数の文書を標準化され適切に組織化されたデジタルライブラリに変換。

素早いROIを実現

FineReader Serverは導入が素早くできメンテナンスも簡単です。そのため、最終的な作業結果をこれまでよりも早く得られるようになります。

処理をスケジューリング

必要に応じてバッチ処理を随時実施またはスケジューリングし、ハードウェアリソースの最適化が可能。

技術知識不要でビジネスユーザーにも対応

FineReader Serverは、変換作業を始めるために特別な研修や事前知識は不要です。

文書の取り扱いを合理化

保存が簡単で、特別なシステムにもすぐに割り振ることができ、チーム内で共有しやすいデジタル文書を作成。

コンテンツをアクセス・検索可能に

ビジネスユーザーが関連キーワードを含む文書のデジタルアーカイブを素早く検索できます。

活用事例

バックファイルの変換

バックファイルの変換

大量のファイルや受け取る文書を、検索可能な標準化された PDF またはその他の形式に自動変換します。

デジタルドキュメントアーカイブ

デジタルドキュメントアーカイブ

大量の書類やデジタル文書を、アクセス・検索可能な PDF/A に変換することで、政府や法令に対するコンプライアンスが容易になります。

社員向け一元的文書変換サービス

社員向け一元的文書変換サービス

自動化されたエンタープライズレベルのソリューションで、複数の部門に簡単に拡張することができるので、すべての社員に汎用的で使いやすい文書変換サービスを提供することが可能になります。

文化遺産の保護

文化遺産の保護

歴史文書を検索可能で読みやすいPDF、XML、EPUBファイルに変換します。 歴史的なフォントで書かれた写本をデジタル化し、未来の世代のためにデジタルライブラリに保存することにより、文化遺産を保存します。

さらなる処理を目的とした OCR およびファイル変換

さらなる処理を目的とした OCR およびファイル変換

FineReader Server は、特定のシナリオを実現するうえでの予備ステップ(OCRおよびファイル変換)として使用することができます。ここで言う特定のシナリオとは、デジタルフォレンジック、DLP、AI 分析、eDiscovery システム、高度な検索システムなどに関連するものです。

文書の移行

文書の移行

文書を複製することなく、あるリポジトリから別のリポジトリに移行することができます。さらにその際、コンテンツを標準化し、検索可能にすることもできます。

果たすべき任務がおありですか? ぜひ解決策を見つけましょう!

主な機能

AI 駆動型 OCR

AI 駆動型 OCR

素早く正確な結果を 200 以上の言語で(欧州言語、アラブ語、CJKなどを含む)

サーバーベース アーキテクチャ

サーバーベース アーキテクチャ

もっとも効果的な方法で利用可能なハードウェアリソースを活用。

大規模なスケーラビリティ

大規模なスケーラビリティ

大量の文書をわずかな時間で変換。

柔軟な PDF 技術

柔軟な PDF 技術

PDF を圧縮し、質を維持しながらもファイルサイズの最小化を実現。PDF/A(-1a、-1b、-2a、-2b、-2u、-3a、-3b、-3u)、PDF/E、PDF/UA フォーマットに対応。 デジタル署名とウォーターマークのサポート。

利用方法

ABBYY FineReader Serverは、保存フォルダ、多機能マルチファンクションプリンタ、スキャナやEメールから文書イメージを取り込み、光学式文字認識(OCR)技術を用いて文書を圧縮し、検索可能なデジタルフォーマットに自動で変換します。

必要な場合には、システムによって手動でテキスト情報を訂正したり、文書にメタデータを加えたりすることができます(オプション)。 サービスは随時実施可能です。また、バッチの文書をスケジュールにもとづいて実施し、ハードウェアリソースの使用を最適化することもできます。 デジタル化したファイルは任意の数の保存先に保存され、ほかのアプリケーションに移すことも可能です。

finereader-server-how-it-works-desktop finereader-server-scheme-how-it-works finereader-server-how-it-works

製品詳細

認識対応言語

形式言語や人工言語、中国語、日本語、韓国語、アラビア語、およびその他の言語を含む 200 以上の言語に対応しています。

対応形式

TIFF, JPEG, PDF, DjVu, BMP, PNG, PCX, DOC, RTF, ODT, XLS, ODS, PPT, ODP, TXT, HTML などに対応.

利用可能コネクタ

Microsoft SharePoint、IFilter をはじめとする、 統合可能なオプションが多数あります

事例紹介

コンサルティングネットワークの PwC は、ABBYY テクノロジーを搭載したクラウドベースのモバイルスキャンテクノロジーを専門家に提供しています。

チリの司法組織では、ABBYY の技術を用いて年間 3 千 500 万にもおよぶ文書を認識、分類、保存しています。これにより、チリの民事裁判所の業務生産性が大幅に向上しています。

Deloitte UK はOCRサーバーソリューションを用い、イメージのみを含むファイルをeDiscoveryや法的なフォレンジック調査のために検索可能にしています。

お問い合わせ

お試しになりたいですか? もっと詳しい情報が必要ですか?
下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、今後いつでも同意の全部または一部を取り消すことができることを認識しています。

同意を取り消すためには、登録解除用Webページにアクセスしてください。または、dataprotection@abbyy.com までメールでご連絡ください。.

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!

まもなくご連絡差し上げます。お住まいの地域のABBYYオフィスにご連絡なさる場合は、お問い合わせページ
へお進みください。
よろしくお願いいたします
ABBYY チーム