ニュースルーム

第一生命保険株式会社様にてABBYY製品をAI-OCR基盤に用いた事務オペレーションのオートメーション化を発表

ABBYYパートナーである株式会社PFU様がトータルキャプチャーサービス*1を活用し、導入へ貢献

第一生命保険株式会社様が、この度、当社ABBYY® FlexiCapture®*2をベースとしたAI-OCR基盤導入について発表いたしました。

当社は、帳票の取り込みから、非定型帳票向け高精度読取技術の活用による文字認識・帳票仕分け、各OCRエンジンへの振分制御、及び各OCRエンジンの確信度に応じたワークフロー制御(確認修正・承認・出力)まで、OCRエントリ業務全体をコントロールするプラットフォームとして ABBYY® FlexiCapture®を提供しました。導入(設計、パッケージカスタマイズ、システム構築)にあたっては、株式会社PFU様が担当し、AI-OCR基盤導入によって、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献いたしました。

なお、トータルキャプチャーサービスはオンライン開催のPFU Digital Fairでも紹介されております。

■関連リンク


*1 株式会社PFUの「トータルキャプチャーサービス」は紙文書入力業務(電子化、OCR、RPAなど)に関して、専門SEが企画計画段階から設計、構築、運用までワンストップでご支援するサービスです。
*2 ABBYY® FlexiCapture® は ABBYY Software Ltd. の登録商標または商標です。