ABBYY FlexiCapture Cloud API

FlexiCaptureの機能がすぐ利用できます。

お客様のシステムに高度な文書キャプチャ機能を。

サービスレベルアグリーメント(SLA)

  1. 本SLAには、次の定義が適用されます。
    1. 「年間ダウンタイム期間」とは、該当するサブスクリプション年度において、ダウンタイムイベントによりお客様がサービスを利用できない総時間数をいいます。年間ダウンタイム期間には、本SLAに規定されている除外ダウンタイムに起因するサービスを利用できない時間は含まれないものとします。
    2. 「年間稼働時間」とは、該当するサブスクリプション年度において、予定されたダウンタイムイベント、ベータ期間または試用期間を含めて、サービスが完全に機能していた総時間数を意味します。
    3. 「ダウンタイムイベント」とは、お客様が本サービスを利用できない時間を意味します。この時間は、ABBYYのサーバーでABBYYによってのみ測定および決定され、https://status.abbyy.comを通して追跡できます。ダウンタイムイベントは以下を除外するものとします。(a)定期的なアップグレードおよびメンテナンスを含むがこれらに限定されない、予定されたダウンタイムイベント、および/または(b)ベータ期間または試用期間。
  1. このサービスレベルアグリーメント(SLA)は、使用料金を支払っているお客様にのみ適用されます。
  2. ABBYYは、サービスの年間稼働時間のパーセンテージが99.5%未満にならないようにすることを保証します。
  3. サービスの一般的な可用性は、各個別のページや文書の処理速度に対して、直接的な影響を与えることはありません。提出されたジョブの処理速度に関する保証はありません。
  4. 年間稼働率が99.5%未満の場合、ABBYYは年間ダウンタイム期間を、ダウンタイムイベントが発生していた時間を基に算出し、以下の計算に基づいて相応分のページ数をお客様に還元します。(a)サービスを利用できなかった期間が1日以上の場合は、CNP = [{(PPY:365)*DT days}*1.5]となります。CNPは該当するページ数、PPYは年間サブスクリプションパッケージに基づく年間ページ数、DT daysはサービスを利用できなかった合計日数、1.5は乗数(係数)を表します。(b)サービスを利用できなかった期間が1日未満の場合、CNP = [{(PPY/365days/24hours)*DT hours}*1.5]となります。CNPは該当するページ数、PPYは年間サブスクリプションパッケージに基づく年間ページ数、DT hoursはサービスが利用できなかった合計時間、1.5は乗数(係数)を表します。
  5. ABBYYは、ダウンタイムイベントのために、相応分のページ数をお客様に自動的に還元する場合がありますが、その義務を負うものではありません。ABBYYに対してダウンタイムイベントに関する請求書を送付する際には、その時点のお客様のサブスクリプション期間の終了から30日以内に、FC_cloud_support@abbyy.com まで送付する必要があります。
  6. 請求書を送付する際には、ABBYYに対して該当する請求に関する適切な詳細を説明しなければなりません。その中には、そのときのネットワークのトレースルートや該当するURL、およびその時にお客様本人が行ったダウンタイムイベント解決の試みなどが含まれますが、それだけに限定されません。
  7. ABBYYはお客様の請求を確認し、その請求が認められた場合には、上記で計算したとおり、相応分の還元を行います。
  8. ABBYYは、お客様に対して、サービスの利用やサービスの利用の失敗によって生じた損害を賠償する責任を負いません。また、年間稼働率に関する規約を満たせなかった場合や、エラーの発生、サービスの中断、ファイルの削除、機能変更、不具合、それと類似することなどが生じた場合にも、ABBYYはその損害に対する責任を負いません。年間稼働率の保証を満たせなかった場合に限り、唯一例外的なものとして、お客様は補償を受けることができます。その場合、文中に記載されているとおり、サービス義務が履行されなかったページ数を算出し、ページ数の還元というかたちで補填されます。
  9. サービスレベルアグリーメント(SLA)の例外: 上記に明記されている年間稼働時間の保証は、次の原因によるダウンタイムイベントには適用されません。
    1. ABBYYが引き受ける管理責任の範囲外の要因(例:Microsoftのデータセンター外のネットワークやデバイスの障害)
    2. お客様によるハードウェアやソフトウェアの使用、ABBYYのものではないサービスの利用(例:第三者サービスなど)
    3. ABBYYがサービス利用の修正を提案した後の、お客様による当該サービスの利用
    4. お客様あるいは第三者機関による作業、あるいはその作業の不遂行
  10. ここに記されたものを除き、サービスやその商品性、特定の用途への適性に関して、明示的、黙示的なものも含めて、ABBYYは保証責任を一切負いません。
  11. 上記の補償条項に記されている条項内容を除いて、ABBYYは、契約や不正行為、またはその他の法的文書に基づくいかなる結果や特殊な損害(収益の損失も含む)に対する責任は負いません。
  12. 本SLAの日本語版は参照としてのみ使用する。本SLAの英語版はhttps://www.abbyy.com/flexicapture-cloud/sla/ から入手可能であり、本SLAの日本語版より優先され、日本語版に法的拘束力もしくは法的効力はない。

お問い合わせ

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、ABBYY Solutions Ltd.から送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!

まもなくご連絡差し上げます。お住まいの地域のABBYYオフィスにご連絡なさる場合は、お問い合わせページ
へお進みください。
よろしくお願いいたします
ABBYY チーム