法的文書の自動化

人工知能を用いて法務文書の処理を自動化

AIを活用したソリューションで文書を取り込み、確認、共同作業、分析を自動化することで、法務部の業務内容を改善することが可能です。

AIを用いて、200以上の言語で書かれた法律文書をデジタル化、整理、分析

 

多くの法務部は、未だに紙媒体とスキャンした文書で作業を行っています。デジタル化が進んでいる現代の事業環境においては、この作業を効率的に管理するのは難しくなっています。文書に埋もれた情報にアクセスし、それを利用・共有しようとする労力は、時間と費用の大きな損失に繋がる恐れがあります。

ABBYYでは、法律のプロが文書ベースの情報を探すのに費やす時間を減らし、法律に関わる実務に専念することができるようにするためのサポートを行っています。顧客情報と内部情報をより効率的に取得しつつ、法務部がデータから事業価値を創造する機会を決して見逃さないようにすることが可能です。


法律文書の管理・活用 

 
文書の検索を合理化
すべての法律文書を検索可能にすることで情報を活用しやすくします。
文書の取り込みを自動化
スキャンした法律文書から迅速にデータを抽出し、行番号は自動的に排除されます。
草稿を簡単に更新
契約書およびその他の法律文書の草稿の変更や追加を簡単に行うことができます。
編集を自動化
あらゆる文書から部外秘の情報や機密情報を永久的かつ不可逆的に削除します。
重要な用語と条項を抽出
契約書およびリース契約書から自動的に、誓約、義務、その他の用語や条項を抽出します。
規模の大きい文書ファイルを分割
数千ページにもおよぶ莫大な「ドキュメントダンプ」を自動的に特定の文書に分割します。
初期段階の案件評価をよりシンプルに 
メタデータを特定して索引を付けることでECAを改善します。さらに強力な用語識別機能により、フィルタリング機能を強化し、データの選別をより効率的に行うことができます。
冗長性を排除
重複排除の精度を高めることで冗長なデータを縮小し、レビューのコストを削減します。
カスタマイズされたドキュメントスキルを活用
事前学習済みの文書処理スキルにアクセスして、すぐに特定の法律文書を自動処理できます。

法律文書自動化の導入事例

 

個人弁護士および小規模な法律事務所

種類を問わず、あらゆる法律文書のデジタル化、検索、編集、保護、共有、共同作業を行うことができます。外出先では、モバイルデバイスがバーチャルオフィスになります。 

大規模な法律事務所 
法律文書の正確な自動化処理を導入することで、業務の近代化と自動化を実現します。eディスカバリーのプロセスに欠けている部分を、シンプルなワンクリックのステップで、的を絞って正確に補うことができます。
企業の法務部署
法務部の機敏性を向上させ、拡大を続ける現代の規制の需要に対応できるスピードと効率性を実現します。
法務サービスプロバイダー

RPA、BPMなどのインテリジェントな自動化プラットフォームやアプリケーションを補完することで、デジタルトランスフォーメーションを加速させることができます。

インテリジェント文書処理(IDP)で法律文書を検索可能なデータアセットに変換

AIの力を活用したABBYYのIDPソリューションでは、契約書や準備書面、その他の法律文書の取り込み、処理、分析、整理が可能です。

AIを活用した法律文書の自動化
今すぐソリューションを活用
ノーコードソリューションであらゆるタイプのユーザーに対応
機械学習による継続的な改善

Krigsman Partners、ABBYYで文書処理を迅速化

$1,000以上

文書改訂あたりで節約した価値 

40ページ以上

数秒で確認される信託証書

30年以上

編集可能/検索可能な形式に変換された文書

  「ABBYY は、弊社が求めている柔軟性を提供してくれます。これにより、オフィスに送られてくる膨大な量の法務や税務上の書類を必要に合わせて処理できるようになりました。どんなフォーマットでも素早く文書をエクスポートし、最小限の手間で検索、編集、メール送信が可能です。弊社の業務を進めるうえで不可欠なツールです」

専門家とお話ししてみませんか?