プロセスマイニングも可能なABBYY Timeline プロセスマイニングも可能なABBYY Timeline

業務プロセスを知り、 業務プロセスを使いこなす

業務プロセス全体の分析が可能なインテリジェンスプラットフォーム(プロセスマイニングツール)

ABBYY Timelineは、タスクマイニングおよびプロセスマイニングのテクノロジーに特化した業務プロセス分析/プロセスインテリジェンスのプラットフォームです。 このプラットフォームは、投資/改善すべき意思決定を迅速にするため、次のような機能を提供します。異なるシステムのデータや属性情報を自動的にかつ即座にまとめ、デジタルツインを構築します。次に、まとめられたプロセスデータは、リアルタイムに分析され、幅広くさまざまな視点からボトルネックの特定を可能とします。併せて予測分析機能により投資対費用効果の他、モニタリングによる事前の問題把握とアクションを取ることができます。これらは、AIを利用した多くのツールで実現しておりさまざまな視点・観点で見ることができます。

SOC logo

AI搭載タスクマイニングの活用

ABBYY タスクマイニングを活用したソリューションパンフレットをダウンロード。

パンフレットのダウンロードENG

ビジネスプロセスの改善箇所の把握と効率化

まずは人の行動に基づくタスクを対象に

多くの社員は、日々の業務において、PC上に展開される様々なコンテンツ(ドキュメント、フォーム、画像、電子メール等々)を迅速かつ正確に処理するケースがあります。企業の課題として、継続的に繰返し行われる業務や、ユーザーフレンドリーでない業務を処理する上で、システム運用上問題やカスタマーサービスへの影響が発生するリスクが潜在的かつ、いつ発生してもおかしくない状況にあることを意識する必要があります。

ABBYY タスクマイニングは、 デスクトップアクティビティおよびイベントログ(人の行動ベースのプロセスログを基に)を抽出し組み合わせることで、プロセスの動作を検出、分析、監視、および予測をします。この機能により、プロセス速度の低下箇所(繰返し作業が発生したり、非効率的なタスクが発生したり等)の可視化を実現、リソースの適正配置や課題解決を可能とします。その結果、プロセスの問題を解決するだけでなく、見直しを測ることで、カスタマーサービスの向上や、企業内のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速されます。

さらにシステムデータ(コンテンツ)をプロセス分析・可視化・効果測定に活用

今日、業務プロセスの大部分は、複数システムのログにより、追跡、管理、運用されています。つまり、企業は、既に自社業務プロセスに関する殆どの記録を保持していることになります。プロセス実行において、本データを用いた細かいレベル(エンドツーエンド)迄の可視化分析することができる適切なツール必要となります。従来のビジネスインテリジェンス(BI)ツール、ダッシュボード、およびレポートでは、このエンドツーエンドの可視化分析を行うことはできません。 ABBYY Timeline であれば、それを可能にします。

これら価値ある業務データを分析(およびデータクレンジング)することで、顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)の改善や運用効率への道筋・気付きがあることを見出せます。また、人工知能と機械学習を活用により、業務プロセスの将来を予見や予測を可能とします。これらデータをリアルタイムに監視を実施、ビジネスオペレーションの最適化を併行して進められます。

システムと人の最適ハイブリッド

作業改善は、幅広い視野で流動的に考察されるべきです。複数の人、システム/機器、そしてインタラクション/操作に渡り、作業がどのように遂行されるべきか再考する必要があります。作業をタスクに細分化することで、人とシステム/機器のリソース配置が最適にでき、かつ継続的にメンテナンスができるようになります。

この結果、企業は、構造化(システム・機器作業)のコンテンツと非構造化(人による作業)のコンテンツの統合を可能とし、コンテンツベースの最適な自動化を実現させることができるようになります。併せて、プロセスを最適に実行することで、業務の意思決定を行うのに必要な意味のある情報を抽出できるようになります。OCRや機械学習などのテクノロジーに関する専門的なトレーニングを受けた個人を必要としません。

企業には必要なデータは全てあります ― 今こそそれを活用する時ではないですか?

様々な業種でProcess IQを向上させる:

  • ロボティックプロセスオートメーション(RPA)
  • 銀行および金融サービス
  • ヘルスケア
  • 保険
  • 調達およびサプライチェーン

タスクに基づいた業務プロセス

ユーザーのタスクデータ、システムログ、そしてビジネスデータを繋ぎ合わせることで、人、プロセス、データ、それぞれ結びついた真のビジネストランスフォーメーション(DX)が可能になります。それには、UIを介した従業員のインタラクション/操作を理解し、タスクをマイニングする必要があります。

ABBYY タスクマイニングでは、デスクトップユーザーインタラクションのデータを分析するだけでなく、システムのイベントデータから業務プロセスの詳細とシームレスにリンクさせることが可能です。これにより、組織は業務の運用効率を高め、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させることができます。

これらの新機能がABBYY Timeline のプラットフォームであるデジタルインテリジェンスに追加されたことで、組織は、RPA、分析プロセス自動化、ドキュメント処理をより適切に識別、設計、実装、監視できるようになり、これら投資から最大の利益を実現できます。

Scott Opitz,
マーケティング最高責任者

プロセス・インテリジェンスは、現代の企業が必要とする作業をサポートします。

workflow analysis

アドホックで多様な種類のワークフローを含む、あらゆる処理プロセスの作業が実行される流れを素早く可視化します。

digital transformation and automation

最もインパクトが大きい処理プロセスの方法を容易に特定し、定量化およびターゲットとします。これにより、デジタルトランスフォーメーションや自動化の動きを推進させます。

ai data processing

コストや期間、ボリュームといった定量化が可能なプロセスメトリックスを活用した、データドリブンな決定を行うための論拠を自動的に生成します。

compliance process automation

シンプルかつ素早い方法で、コンプライアンスが守られていない部分、異常のある部分、あるいはコストがかかる部分やその原因を正確に特定します。

business process analysis

問題が生じた場合はすぐに修復に向けて稼働し、容易に複雑なシナリオを定義し、自動的に検出します。

business process improvement

初期段階のデータを用いて、その処理プロセスの成果やプロアクティブにプランや行動します。

プロセス分析の複雑さを取り除き、クリックするごとに「なるほど」と実感

トランスフォーメーションを遂行するための4つのステップを見ていきましょう。

Explore the four steps to process transformation business process analysis and transformation- the four steps business process analysis and transformation - the four steps

お試しになりたいですか?

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、今後いつでも同意の全部または一部を取り消すことができることを認識しています。

同意を取り消すためには、登録解除用Webページにアクセスしてください。または、dataprotection@abbyy.com までメールでご連絡ください。.

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY 製品 の お 問 合 せ あ り が と う ご ざ い ま す!

担当者より最短でご連絡差し上げますので少しお待ち下さい。ABBYYオフィスに直接ご連絡を取りたい場合はコンタクトページを参照下さい。

ABBYY ジ ャ パ ン 株式会社