帳票処理ソリューション – AI-OCRプラットフォームとしてのABBYY FlexiCapture

「帳票処理ソリューション」シリーズ第2回は、AI-OCRプラットフォーム(基盤)としてのABBYY FlexiCaptureの強みについて解説いたします。

この特長が評価され、これまで様々な業務システムの中のAI-OCR基盤として採用されてきました(事例参照)が、ここでは、その中でも主なものをご紹介します。

多くの帳票処理ソリューションの中でもABBYY FlexiCaptureは、エンタープライズ向けのAI-OCRプラットフォーム(基盤)機能が充実しています。

1. スケーラビリティ・アベイラビリティ

2. セキュリティ

3. 様々なワークフローへの対応

4. 外部接続・連携

1. スケーラビリティ・アベイラビリティ

ABBYY FlexiCaptureは、最大で以下のような構成を組むことが可能となっており、高トランザクション、高可用性対応が可能な帳票処理ソリューションです。

Processing Stations - FlexiCapture

また、処理ステーション(Processing Station)に対してクラスタ構成を組むことにより、大量のトランザクションを処理する事が可能となります。以下のグラフは一例で、最大300万ページ/日(グレースケール、英語)の文書が処理可能であることを示しています(詳細は Performance Guide を参照)。

Processing CPU cores per pages

また、冗長化構成によりHA/DR (High Availability/Disaster Recovery)も実現可能となっています。

2. セキュリティ

ABBYY FlexiCaptureは、エンタープライズ利用にとって必須要件である、以下のようなセキュリティ対策機能をサポートしています。

- 通信レベル

secure FlexiCapture platofrm

- データレベル

ストレージ:EFS対応

データベース暗号化

encryption for security

- アクセスレベル

認証によるアクセス

  • SHA256
  • パスワード強制
  • アカウントのロックアウト

ユーザーロール管理

FlexiCapture ユーザーロール管理

3. 様々なワークフローへの対応

ABBYY FlexiCaptureは、ビジネスにおける様々な業務フローに合わせ、柔軟にワークフローを設定する事が可能です。

FlexiCapture 様々なワークフローへの対応

例えば上記のようなビジネスプロセスを実現するため、以下のようにワークフローの順番を変更したり、追加、カスタマイズが可能となっています。

FlexiCapture Sample Invoice ブロパティ

4. 外部接続・連携

ABBYY FlexiCaptureは、コネクタやAPIを介して様々な外部システム・アプリケーションとの接続・連携が可能です。以下、いくつかの例を紹介します。

- RPAとの連携

代表的なRPA製品(BluePrism, UiPath, WinActor, Pega, 等)に対し、専用コネクタの他、APIやファイル連携等様々な方法によるスムーズな連携が可能です。

RPA FlexiCapture

各種事例については、以下リンクをご参照ください。

事例1: Blue Prism連携 (英語)

事例2: SAP連携

- 他社エンジンとの連携

ABBYY FlexiCaptureは日本語の手書き文字認識はサポートしておりませんが(英語は可能)、そのような場合でもサードパーティの手書き文字認識エンジンと連携することにより、任意の箇所を認識させ、FlexiCaptureのOCR結果と統合して扱う事が可能です。

他社エンジンとの連携 FlexiCapture

以上、今回はABBYY FlexiCaptureのAI-OCRプラットフォーム(基盤)としての特長についてご紹介いたしました。

ABBYY FlexiCaptureについての概要、デモの依頼、お問い合わせはこちらから承ります。

RPA DX(デジタルトランスフォーメーション) データプライバシー Content Intelligence エンタープライズ
ABBYY logo circle

ABBYY Japan エンジニアリングチーム

ブログのアップデートを購読

購読登録が正常に完了しました。メールボックスにメールが届いておりますのでご確認下さい。数分待ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールボックスをご確認頂けますと幸いです。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、またはABBYYデータ主体アクセス権利フォームを介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

サブスクリプションが無事完了しました!

SNSでつながりましょう