ABBYY FineReader Engine

多彩な機能を備えたOCRソフトウェア開発キット 

人工知能を活用したOCR機能をソフトウェアに統合 

強力なPDF処理機能

スキャンデータ、デジタル写真、TIFF、JPEG、BMPなど様々な画像形式を、様々な検索可能なPDFおよびPDF/Aに変換。 さらに、PDFおよびPDF/Aファイルをインポートして様々な処理を行うことも可能です。

PDFへの変換でもPDFおよびPDF/Aファイルの処理でも、ABBYY FineReader Engineでは幅広いオプションやツールを使用できます。PDF/A-3規格に従った電子文書や電子請求書の処理・作成が可能です。

PDFの入力と処理

Features 134 44X44

インテリジェントPDF処理

ABBYY FineReader Engineでは、ソースPDFファイル上にある以下のような内部情報を分析します。

  • 注釈
  • メタデータ
  • テキストオブジェクト
  • フォント辞書
  • コンテンツストリーム

効率よく正確にテキストを検出することで、PDF変換の性能と速度を向上します。 PDFファイルにテキストが埋め込まれている場合、テキストレイヤーの完全性を検証し、テキストを抽出するか、ブロックごとにOCRを実行するかを決定します。 必要に応じてこの機能をオフに設定することも可能です。

Features 245 44X44

PDFから内部情報をキャプチャ

ABBYY FineReader EngineはPDF内部のリンクやハイパーリンクと文書プロパティ(タイトル、作成者、サブタイトル、キーワード、しおりなど)を抽出します。

Features 223 44X44

PDF/A-3から添付ファイルを抽出

PDF/A-3ファイルを開く際に、ファイルに埋め込まれたXMLなどのデータを、他のシステムで処理できるように抽出できます。電子請求書を処理する場合などに便利です。

PDFの出力

Features 150 44X44

PDFの安全機能や暗号化に対応

ABBYY FineReader Engineでは、PDFの安全を守る様々な設定に対応しています。

  • 「ファイルを開く」をパスワードで保護し、文書への不正なアクセスを防止します。
  • ファイル内容の印刷、編集、抽出など、特定の操作を制限するパスワードの設定が可能です。
  • 最新の暗号化規格に対応しています。
Features 164 44X44

メタデータのエクスポート

ABBYY FineReader Engineでは、メタデータのエクスポートが可能です(しおり、ハイパーリンク、クロスリファレンスなど)。

Features 225 44X44

PDF/A形式への変換

PDF/Aは文書を長期保存するファイル形式の規格です。 ABBYYの変換技術では、以下のように異なった準拠レベルのPDF/Aファイルで文書を保存することができます: PDF/A-1a、PDF/A-1b、PDF/A-2a、PDF/-2b、PDF/A-2u、PDF/A-3a、PDF/A-3b。

Features 148 44X44

タグ付きPDF形式で出力

タグ付きPDFは、スマートフォンやタブレット、または、視覚障害者向けのリーダー端末で正しく表示されるように、様々なページサイズや画面サイズにフィットするようリフロー表示させることができます。

Features 151 44X44

日本語、中国語、韓国語をPDFにエクスポート

日本語、中国語(簡体字と繁体字)、韓国語の文書をPDF形式に変換できます。

Features 111 44X44

ページサイズの設定

出力ファイルの全ページに適用するサイズを設定できます。

PDF(PDF/A)のMRC圧縮

  • MRC(Mixed Raster Content)と呼ばれる特殊な圧縮技術を活用し、PDFおよびPDF/Aファイルのサイズを最小限に抑えます。 原文の見た目を維持しながら、圧縮によりファイルサイズは大幅に小さくなります。 MRCは、カラー文書をスキャンして処理する場合に理想的なPDF圧縮技術です。 文書の見た目が美しく、同時に、JPEGによる圧縮に比べて最大で8分の1~10分の1までファイルサイズを縮小できます。
  • 文書の画像ファイルが大きくなりがちなのは背景画像が原因です。最大でファイルサイズの90%を占める場合も少なくありません。 MRC圧縮技術はカラー背景を特定し、高い圧縮率で圧縮します。 画像オブジェクト(図表、ロゴ、写真、図面、スタンプ、署名など)も少し圧縮されるものの、見た目のクオリティを損なわない程度に圧縮率が制限されます。 その結果、生成されたPDFファイルは大幅に小さくなります。
  • また、MRC技術では、文書内の類似文字のアウトラインを分析して平均的な文字テンプレートを作成し、一つひとつの文字を適用する代わりにテンプレートを使用します。 そのため、文字に欠陥があっても修正され、文字アウトラインがより正確になります。 生成されたPDFファイルでは背景が抑えられ、テキストと画像が原文よりもはっきりと読みやすい上にファイルサイズも小さくなります。 文書をこのように再構築する方法は、画質の良くない画像を処理する場合に役立ちます。
11a-Engine-Features-PDFConversion
11b-Engine-Features-PDFConversion-768
11с-Engine-Features-PDFConversion-320

PDFエクスポートプロファイルで品質と速度を調整

各用途で最高のPDF変換を実現するため、開発時に、定義済みエクスポートプロファイルを使用できます。各プロファイルでは、様々なニーズに応じてオプションがあらかじめ設定されています。

Features 107 44X44

MaxQuality

出力ファイルで見た目のクオリティが最高となるよう、PDF(PDF/A)エクスポートを最適化します。

Features 188 44X44

Balanced

出力ファイルのサイズと見た目のクオリティ、さらに処理にかかる所要時間のバランスを取りながら、PDF(PDF/A)エクスポートの設定を調整します。

Features 142 44X44

MinSize

ファイルサイズが最小となるようにPDF(PDF/A)エクスポートを最適化します。

Features 175 44X44

MaxSpeed

処理にかかる所要時間が最短となるよう、PDF(PDF/A)エクスポートを最適化します。

お問い合わせ

体験版を申し込む

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY 製品 の お 問 合 せ あ り が と う ご ざ い ま す!

担当者より最短でご連絡差し上げますので少しお待ち下さい。ABBYYオフィスに直接ご連絡を取りたい場合はコンタクトページを参照下さい。

ABBYY ジ ャ パ ン 株式会社