AI-OCRの限界を超えて、キャッシュフローの水準を向上させましょう

E-BOOK

より好ましい収支決算を実現するために、会計処理業務にDigital Intelligenceを導入しましょう

How Digital Intelligence can be applied to accounting processes - ABBYY eBook

紙やデジタル化された文書の品質と会計処理プロセスの間には、プロセスを実行する上で欠かせない関係があります。文書の品質が酷ければ、プロセスに障害が生じ、支払いやキャッシュフローのKPI(重要業績評価指標)を満たすことが難しくなるのです。

インテリジェント文書処理(IDP)ソリューションでは、 AI-OCRにニューラルネットワークや機械学習などの最新技術を加えることで、コンテンツの品質を向上させます。 これにより、構造化および非構造化文書コンテンツのキャプチャや認識、フィールド抽出や検証を自動で行えるようになります。最新のIDPソリューションは、さらに高水準のDigital Intelligenceを用いた会計処理をもたらすための分析を提供します。

今すぐダウンロード!

このE-BOOKでは、これらの新しいテクノロジーが財務および会計部門にもたらす違いを説明しています。主に以下のような成果を期待できます。

  • 生産性が30~40%向上 — バランスシートの調整を自動化
  • 生産性が30~40%向上 — 発注書の承認とトラッキングを自動化
  • 債権回収率が30~40%向上 — 予測モデリングによる支払遅延の把握

フォームに記入して、E-BOOKを入手する。

私は、ABBYY Solutions Ltd.から送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYYにご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。