法務向け文書プロセスオートメーションのソリューション

200以上の言語で書かれた法的文書をデジタル化、整理、分析することができます。

法律事務所

法律文書の正確な処理を行うことで、法律業務の近代化と自動化を実現します。デジタルファーストのアプローチで文書の取り込み、レビュー、共同作業、分析を行います。

eディスカバリーのプロセスに欠けている部分を、シンプルなワンクリックのステップで、的を絞って正確に補うことができます。

機能とメリット

あなたの法律事務所を次のレベルへと導きます。

Benefits 201B 77X77

デジタルファーストのアプローチ

  • あらゆるチャネルを介しての、あらゆるフォーマットの文書のコンテンツが自動的に抽出、理解、処理されます。これにより、マニュアル操作によって生じる手間や障害を省くことができます。
  • 訴答書面、契約書、通信文など、さまざまなタイプの法律文書を処理・管理します。
  • 数千ページにもおよぶ莫大なPDF「ドキュメントダンプ」を自動的に特定の文書に分割します。
  • 様々なフォーマットの文書を比較し、違いを迅速かつ確実に特定します。
  • 各PDFから部外秘の情報や機密情報を削除します。
  • 最新の機械学習メソッドを用いて自動的に訓練されたAI(人工知能)ベースのクラシファイアにより、文書の理解、分離、ルーティングなどの作業を自動化します。
  • 自然言語処理(NLP)テクノロジーは、非構造化文書内のコンテンツの特定や抽出を自動化します。非構造化文書の例としては、契約書、リース契約書、Eメール、通信文などが挙げられます。
  • PDFに透かしやベイツスタンプを入れることができます。
  • さまざまなフォーマットの文書をバージョンごとにレビュー、比較、共有することができます。さらにコメントを追加することも可能です。
  • 文書の取り込みを案件管理、ECM、CLM、eディスカバリーアプリケーションに統合します。
Benefits 202V 77X77

eディスカバリープロセスの改善

  • 紙文書をデジタル化し、スマートフォンからでも検索可能なPDFに変換して、文書バッチに読み込むことができます。
  • 200以上の言語に対応した質の高い検索可能なテキストを用いて、訴訟に万全かつタイムリーに対応します。
  • ECAを向上させるために、すべてのメタデータを識別し、インデックス化します。
  • 重複排除の精度を高め(メールのスレッドにおいても同様)、冗長なデータを縮小し、レビューのコストを削減します。
  • OCRによって追加されたテキストレイヤーをはじめ、コメントや注釈、添付ファイル、ブックマーク、メタデータ、リンク、メディア、アクション、スクリプト、フォームデータなど、隠れたオブジェクトやデータをワンクリックで削除し、文書を保護します。
  • 既存のPDFからページを抽出して1つにまとめ、新しいPDFを作成します。
  • 数千ページにもおよぶ莫大なPDF「ドキュメントダンプ」を自動的に特定の文書に分割します。
  • クラス最高の画像認識機能を活用することで、大量かつ多様な印刷物、書類、手書きのメモ、領収書、画像などから関連文書を見落とすリスクを軽減します。
  • 自然言語処理(NLP)技術を用いて文書内のコンテンツの識別と理解を自動化します。契約書、リース契約書、Eメール、通信文といった文書にその技術を活かすことができます。
  • 強力な用語識別機能により、フィルタリング機能を強化し、データのカリングをより効率的に行うことができます。
  • 各PDFから部外秘の情報や機密情報を永久的かつ不可逆的に削除します。
  • あらゆる形式のファイルから1つのPDFを作成することができます。たとえ形式が異なっていても問題ありません。
  • PDFに透かしやベイツスタンプを入れることができます。
  • 現在お使いのeディスカバリープラットフォームに統合することができます。

関連製品

お問い合わせ

法務向けABBYY Digital Intelligenceソリューションがお客様のニーズにどのように応えることができるかをご覧ください。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

フォームをご送信いただき、ありがとうございます。

早急にご連絡差し上げます。