ABBYY | Automation Anywhere

インサイトを理解し、さまざまな構造化、非構造化文書からインサイトを抽出するために、Content Intelligenceを搭載したAutomation Anywhereのボットを増やしましょう。

ABBYYとAutomation Anywhereテクノロジーの融合

Automation Anywhere RPAのソリューションによって、さまざまな産業分野の多くの企業が、重要な業務プロセスを自動化できるようになります。さらには、ABBYYのContent Intelligenceを活用して、さまざまな業務関連の構造化、非構造化文書から価値ある情報を入手できるようになります。これにより、企業が進める自動化の活動において、より高い価値を生み出することができます。

ABBYYとAutomation Anywhereがどう連携動作するか

Automation Anywhere のためにABBYYソリューションで実現できること:

  • 業界をリードするABBYYのインテリジェントな文書処理ソリューションとAutomation Anywhere Enterprise RPAを直接連携させましょう。これにより、シンプルなシナリオの文書処理自動化に留まらず、さらに拡大させましょう。
  • 構造化文書や非構造化文書、シンプルなものから複雑なものまで、ビジネス文書、帳票の理解や仕分け作業は、最新のABBYY AI-OCR、文書仕分け、そしてデータ抽出機能へ連携しましょう。
  • 継続的な自動学習とユーザーからのインプットによって、文書の仕分けやデータ抽出作業を自動化しましょう。
  • 文書、画像、スキャンを伴ったコンテンツ中心型プロセスの自動化によって、RPAが、期待通りの成果やビジネスインパクトをもたらします。

連携するメリット

Benefits 209V 77X77

Content Intelligenceを搭載したロボットを増やしましょう

デジタルワーカー(ロボット)が、業務プロセスの自動化において、より高い価値を生み出せるようにしましょう。それは、デジタルワーカーが、あらゆる種類の業務関連文書を理解し、必要なデータを抽出し、より賢明な判断を下すためにそれらのインサイトを利用することで可能になります。

Benefits 164R 77X77

さまざまな文書中心のビジネスにおける意思決定を自動化しましょう

最新の機能を備えたAI(人工知能)と機械学習機能を、ロボットプロセス内に活用し、簡単なものから、複雑なものまで、文書処理を容易に行えるようにしましょう。

Benefits 166V 77X77

単純作業を中心としたRPAシナリオを、拡大させましょう

複雑なコアプロセスへ拡大することで、プロセス自動化の活動において、より大きな価値とビジネスインパクトを創出しましょう。それを可能にするには、人々の仕事を効率的に支援するためのインテリジェントな機能が、デジタルワーカー(ロボット)には求められます。

Benefits 128R 77X77

プロセスのコンプライアンスを向上させましょう

自分たちの望むプロセスの実行パスに従って適切な判断を下せるように、そして人々は例外への対処だけに専念するように、ビジネスに大きな影響を与える文書を構造化データに変換させる作業は、ロボットに任せましょう。

関連資料

ABBYY FlexiCapture Connector for Automation Anywhere (ベータ版)

ABBYY FlexiCapture Connector for Automation Anywhere(Automation Anywhere用FlexiCapture コネクタ)は、FlexiCaptureエンタープライズプラットフォームとAutomation Anywhere Enterprise RPAを統合するためのMetaBotのひとつです。AI-OCRにより、文書、画像、テキストなどの非構造化コンテンツを、自動ですぐに使える構造化データに変換できます。

コネクタのダウンロード ENG

関連製品

お問い合わせ

他に何か情報をお探しですか? お客様のニーズをお聞かせいただければ、サポートいたします。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

フォームをご送信いただき、ありがとうございます。

早急にご連絡差し上げます。