ABBYY | UiPath

重要なスキルと理解力を備えたUiPathのロボットを活用し、非構造化コンテンツを、構造化し、扱いやすい情報に変換します。

ABBYYとUiPathテクノロジーの融合

UiPathのテクノロジーパートナーとして、ABBYYは、UiPathのお客様が、ロボットをよりスマートにする上で重要なContent Intelligenceスキルを活用できるようにします。ABBYYのContent Intelligenceテクノロジーおよびソリューションは、自動で文書を仕分けし、データを抽出し、コンテンツを構造化された利用しやすい情報に変換します。これにより、顧客体験を劇的に改善し、業務の効率性を向上させることが可能です。

ABBYYとUiPathがどう連携するか

UiPathのためにABBYYソリューションで実現できること:

  • UiPath内でプロセスを構築し、ABBYYのインテリジェントキャプチャソリューションに簡単につなぐことができるので、非構造化コンテンツの処理作業にインテリジェンスを加えることができます。
  • 業界をリードするOCR、文書の仕分け、データ抽出テクノロジーを活用し、文書を中心に取り扱う業務プロセスの自動化を進めることができます。
  • 継続的な自動学習とユーザからのインプットによって、文書の仕分けやデータの抽出作業を自動化できます。
  • 文書、画像やテキストを含むコンテンツ中心の処理作業を自動化するためにRPAの使用範囲を拡大できます。これにより、戦略的なDX(デジタルトランスフォーメーション)の活動をサポートすることができます。

連携するメリット

Benefits 102B 77X77

迅速な取引、決定、そしてアクション

申請書、請求書、注文書、業務伝達といったあらゆる種類のビジネス上の書類の処理を含むプロセスを加速させ、コスト的にも時間的にも負担の大きい手動の業務を減らすことができます。

Benefits 187R 77X77

コンプライアンスの遵守

重要書類を構造的な情報に変換し、ロボットをコンプライアンス順守するために活用することが可能です。ロボットがコンプライアンスを遵守しつつ時間通りに仕事を完了できるように、ロボットに予め必要なデータを取り込んでおきます。

Benefits 128B 77X77

より大きな価値の創造

コンテンツを中心に据えた作業プロセスに向けて、RPAのユースケースを拡大しましょう。組織全体の戦略的なDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるお手伝いをします。

Benefits 209R 77X77

ロボットを活用した作業プロセスにコンテンツスキルを追加

即座に活用できるデータを提供可能なコンテンテンツスキルをロボットに取り込み、ロボットをさらに高次元のデジタルワーカーへとして活用しましょう。マニュアル作業や延々と続く書類の確認作業を減らすことができます。

関連資料

ABBYY FlexiCapture Connector for UiPath

ABBYY FlexiCapture Connector for UiPath(UiPath用FlexiCaptureコネクタ)は、FlexiCaptureエンタープライズプラットフォームとUiPathを統合するためのアクティビティのひとつです。AI-OCRにより、文書、画像、テキストなどの非構造化コンテンツを、自動ですぐに使える構造化データに変換できます。

コネクタのダウンロードENG

関連製品

お問い合わせ

他に何か情報をお探しですか?お客様のニーズをお聞かせいただければ、サポートいたします。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

フォームをご送信いただき、ありがとうございます。

早急にご連絡差し上げます。