ABBYY Vantage<sup>&reg;</sup> ABBYY Vantage®

デジタルワークフォースのためのコンテンツIQ スキルプラットフォーム

新しく、さらに発展したコグニティブスキルを搭載した インテリジェントオートメーション・プラットフォームを活用しましょう。

コンテンツから意味を抽出し、その意味を理解するためには、非構造化コンテンツを構造化し、アクション可能な情報に変換するスキルが不可欠です。ABBYY Vantageは、このようなスキルを実現する企業向け次世代型コンテンツIQ プラットフォームです。 Vantageは、企業のデジタル・トランスフォーメーションを加速させます。このVantageは、最新のコグニティブスキルを用いることで、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)やビジネスプロセス・オートメーション(BPA)のようなインテリジェントオートメーション・プラットフォームの性能を補強します。これにより、まるで人間が仕事をしているかのようなパフォーマンスを発揮します。

このスキルは、ABBYYが持つ最先端のAI技術をベースにしており、すぐにでもサービスとして利用することができます。ここで提供されるサービスとは、文書の認識や仕分、データの抽出など、コンテンツの理解や処理業務に関するあらゆるタスクを引き受けることを指します。

ビジネスバリューの創出

Benefits-175b-77x77

デジタルワーカーをさらに賢く

ABBYYのコンテンツIQテクノロジーである ABBYY Vantageは、私たちの仕事のやり方を一変させます。これは、インテリジェントなビジネス上の意思決定を行うスキルを備えた新しいデジタルワークフォースを活用することで、実現されます。

Benefits-202v-77x77

デジタルトランスフォーメーションの推進

Vantageは、企業のデジタル・トランスフォーメーションを加速させます。このVantageは、最新のコグニティブスキルを用いることで、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)やビジネスプロセス・オートメーション(BPA)の性能を補強します。これにより、まるで人間が仕事をしているかのようなパフォーマンスを発揮します。

Benefits-203b-77x77

簡単で、直感的な使い心地

Vantageを用いることで、難易度の高いとされるコンテンツ理解を処理するソリューションを簡単、短期間に設定、実装できるようになります。ユーザーは、技術的に豊富な経験も数週間におよぶトレーニングを行う必要もありません。

デジタルワーカーのための新しいスキル

Vantageは、インテリジェンスをもたらすスキルを提供します。

Features-188v-55x55

Features-188v-55x55

コアコグニティブスキル

すぐに使えるコアコグニティブスキルは、仕分やデータの抽出、学習や検証確認などを実行します。

Features-134v-55x55

Features-134v-55x55

アドバンストコグニティブスキル

特定の文書タイプ向けスキルを素早くデザイン、学習し、ビジネスロジックを文書に与えます。ここで取り扱う文書とは、船荷証券や注文書、給与明細や申し込み用紙、源泉徴収票、などを指します。

Features-142v-55x55

Features-142v-55x55

迅速なスキルのデザインと公開

シンプルで簡単なスキルデザイナーにより、ビジネスアナリストは、複数のスキルの相互連携とオーケストレーションを設定できるようになります。これにより、RPAのようなインテリジェントオートメーション・プラットフォームから利用できる、より価値の高いアドバンストスキルを作成できるようになります。

Features-167v-55x55

Features-167v-55x55

モニタリングおよび分析スキル

文書の分析をモニタリングできるようになったことで、収集された学習インプットによって知識データベースが生み出されます。これにより、管理者たちは、常に処理作業を行いながら調整し、改善を行えるようになります。

仕組み

スキルのデザインと公開、自動化プラットフォームからの利用を可能にし、企業のデジタルワークフォースをさらにスマートにします。

finereader-server-how-it-works-desktop finereader-server-scheme-how-it-works finereader-server-how-it-works

活用事例

02A Case1 Onboarding

顧客オンボーディング

Vantageは、デジタルワーカー(ロボット)に文書を自動的に認識、適切なユーザーに転送 できるようにスキルを身に着けさせます。これにより、従業員たちは新しい顧客の オンボーディングのために時間を割いて働くことができます。

02B Case2 Loan

ローン申請の処理作業

Vantageのスキルを活用することで、申請の処理を自動で行うデジタルワーカーは、より賢くなります。 例えば、ローン申請の処理作業 の一部に Vantageによる分類や抽出スキルを用いたデジタルワーカーは、融資に関する文書を理解し、転送できるようになります。これにより、人間が作業に取りかかる時間が極力短くなります。

02C Case3 Finance

財務処理

Vantageは、バックオフィスの財務処理をサポートします。注文書やその他の財務に関する文書を取り扱い、財務の詳細データを抽出し、そのデータを財務確認のプロセスに取り込むことで、財務処理業務がより迅速に進むようになります。

02D Case4 Logistics

運輸業

適切なスキルで新しいデジタルワーカーのグループを作ることで、出荷指示書や貨物運送状、領収書や積荷の内容確認用の注文書の照合が行えるようになります。

02E Case5 Claims

保険金の請求

新しいデジタルワーカーのグループを セッティングし、保険金支払い請求処理のチームが拡大できます。これにより、ヒューマンエラーを無くし、保険金請求の処理業務のスピードアップを実現します。

デモの依頼

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、今後いつでも同意の全部または一部を取り消すことができることを認識しています。

同意を取り消すためには、登録解除用Webページにアクセスしてください。または、dataprotection@abbyy.com までメールでご連絡ください。.

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!

まもなくご連絡差し上げます。お住まいの地域のABBYYオフィスにご連絡なさる場合は、お問い合わせページ
へお進みください。
よろしくお願いいたします
ABBYY チーム