金融サービス向けDigital Intelligence

新しい時代に合った、よりスマートで迅速なバンキングを実現

KYCコンプライアンス

お客様のKYCプランを定め、ABBYYデジタルインテリジェンスソリューションで行動に移します。

テロ活動、マネーロンダリング、詐欺などの金融犯罪は、銀行のプロセスをだましたり、疑わしい不規則な文書やコスト銀行に数十億ドルの罰金や法的暴露を行ったりすることによって発生することが最も多いです。

プロセスとコンテンツにKYCの脆弱性が存在する場所を発見する

ABBYYは、「Digital Intelligence」と呼ばれるKYCを最大限に活用するための、包括的な独自のアプローチを提供しています。 KYC/AML違反は顧客と銀行間で起こる疑わしいやり取りを通じて検出されるため、そうしたやり取りがどのようにプロセスに関与し、どこで疑わしいコンテンツが使用されているのかを特定し、理解することが、KYC/AML違反に対処するための重要な第一歩となります。

不正取引とマネーロンダリングの防止

オンデマンドウェビナー|ABBYYとAITE

Aiteグループとのインタラクティブなパネルディスカッション 

ウェビナーを見る ENG

機能と利点

ABBYY のDigital Intelligenceプラットフォームは、Process IntelligenceやContent Intelligenceソリューションといった、KYC にとって中核となる多くの機能を提供しています。特に脆弱性において主要な領域をカバーすることができます。

Benefits 217B 77X77

インテリジェンスによるプロセスの透明性

ABBYY Timelineは、金融機関が顧客、従業員、プロセス、コンテンツ間の複雑なインタラクションを見出す際に役立ちます。適切なデータを収集し、エンドツーエンドのプロセスを明確に把握し、脆弱性と変更の機会を指摘し、コンプライアンスの基準に沿った継続的なモニタリングを行うことが可能になります。

Benefits 116V 77X77

オンボーディング

KYCは、口座の開設や顧客認証に使用される文書など、顧客との最初の接点からスタートします。 オンボーディングのプロセスを顧客との対話プロセス全体と結びつけることで、不審な行為を早期に発見することができます。 ABBYY FlexiCapture (AI OCR)およびVantage (次世代AI OCR)ソリューションは、銀行がKYCポリシーやベストプラクティスに沿って、顧客のオンボーディング用文書の取得プロセスを自動化するのに役立ちます。 

Benefits 119B 77X77

可視化

ABBYY Timelineは、プロセスマイニングやプロセスがどのように見えるかを示すだけの他のアプローチとは異なり、プロセスにおける人とコンテンツのインタラクションの重要な側面を明らかにします―顧客や従業員がアクションを起こしたり、入力やレビュー、意思決定をする重要なコンテンツにおいて。コンテンツの種類やインタラクションのパターンを特定することで、不審な行為を特定し、注意を促すことができます。 

Benefits 142V 77X77

犯罪や不正行為の検出

プロセスの抜け穴や疑わしい文書は、潜在的な犯罪や詐欺に対する銀行の脆弱性を最も示しているものです。 ABBYYは、プロセス認識とインテリジェントな文書処理の両方を通じて、銀行がこうした脆弱性を早期に発見し、対策するためのサポートを行っています。それにより、プロセスに入った瞬間から文書の真正性を確保することができます。 

AIと機械学習がいかに銀行をサイバー犯罪から守るか

E-BOOK

高度な犯罪を防止するには、高度な対策が必要です。Digital Intelligenceは、最新のAIおよび機械学習技術を使用して、銀行が詐欺や規制違反から自信を持って自らを守る重要な機能を提供する新しいアプローチを提案します。 

EBOOKをダウンロード ENG

お問い合わせ

金融業界向けABBYY自動化ソリューションが、お客様のニーズにどのように対応できるかをご確認ください。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

フォームをご送信いただき、ありがとうございます。

早急にご連絡差し上げます。