RPAを使って業務自動化を行うときは、まずプロセスの理解にフォーカスしよう!

Process Mining and RPA Trends of 2020 | ABBYY Blog Post

RPAや文書コンテンツを理解する機械学習のようなインテリジェントな自動化ツールや技術に投資して業務自動化を実現されようとしていますか。そうであれば、それはあなた一人ではありません。ハイパーオートメーション(業務の超自動化)は 2020年の戦略的テクノロジーのトップトレンド (英語サイト)の1つであると見なされており、世界的なブームに火がつき始めています。ハイパーオートメーションは、作業を提供するための機械学習および自動化ソフトウェアの範囲だけでなく、発見、分析、設計、自動化、測定、監視、再評価など、自動化に至るすべてのステップも指します。

アドホックプロジェクトにRPAを使用するとき、多くの企業、組織では、見落としているプロセスの発見と理解に重点を置いており、プロセスエコシステム全体を包括的に把握しているわけではありません。 さらに、RPAプラットフォームには、日常的なタスクを自動化するという簡単な仕事がありますが、ハイパーオートメーションの時代には、顧客はより多くを要求します。

RPAを導入する際にプロセスファースト(まず、全体プロセスを把握するという考え)のアプローチを採用しないことの影響は、ABBYYがグローバル企業に対して実施した新しい State of Process Mining and Robotic Process Automation (プロセスマイニングとRPAツールを使用した経験とプロセスに関しての知覚調査、英語版)によって明らかになりました。

米国、英国、フランス、ドイツの400人のシニアな意思決定者の多くは、この調査によると、RPAの成功にはプロセスに関する洞察が不可欠と考えています。そして、世界中の組織が新しいコロナウイルスのパンデミックで不測の事態の中、ビジネスの継続的な計画を考えるにあたり、ビジネスプロセスの効率と理解がさらに重要になってきました。「プロセスはこのように流れる」と信じていた彼らの経験値からのプロセス理解は、リモートで働く従業員がタスクをこなし、仕事を終わらせるためにできることをスクランブルしてしまうので、完全に混乱しました。この事実は、ビジネスリーダーに効果的なプロセスを導入することの重要性を気づかせ、想定通りに実行されなかったプロセスと自動化に適したプロセスを明らかにしました。

以下は、プロセスマイニングとRPAに関して言及したスライドです。29%の企業組織でプロセスは厳格に守られていると考えています。また、60%はプロセスはほぼフォローされている(言い換えると逸脱と例外はある)と述べていました。

プロセスマイニングとRPAレポートの状態-ABBYY

幸いなことに、調査では、より多くの組織がプロセスマイニングツールの重要性を理解していることが明らかになりました。米国の多くの回答者は、プロセスマイニングプラットフォームの採用を検討している、もしくは既に初期段階にあると述べています。一方で31%の方が既に何らかのプロセスマイニングツールを導入されています。

以下、回答の詳細を示すグラフとなります。「プロセスマイニングを現在使用していますか」という問いに対し、33%が「アーリーステージ(初期段階)」、31%が「既に使用を開始している」、そして9%が「検討している」との回答です。

プロセスマイニングとRPAレポートの状態-ABBYY

Fさらに、米国の意思決定者は、プロセスの理解に関連する主要な成功および失敗の要因を特定しました。 RPA導入の前のプロセスを理解すればするほど、プロジェクトは成功することをデータは示しています。

以下のグラフは、「プロセスについてしっかりと理解を深めたときに試行されたRPAプロジェクトの大部分は成功している」ことを示しています。成功の要因の70%はプロセスについての理解であり、失敗の要因の57%はプロジェクトの複雑さ、39%は自動化プロセスに対しての理解が十分でなかったこと、となっております。

プロセスマイニングとRPAレポートの状態-ABBYY

企業の認識、使用法、プロセスマイニングツールとRPAの計画のより詳細については、 State of Process Mining and Robotic Process Automation 2020 (英語版)をダウンロード下さい。 USでの詳細なアンケート結果は こちら(英語版) 。UK版は こちら(英語版)

ABBBYのプロセスの理解を深めるためのツール(プロセスマイニングツール)、ABBYY Timelineの体験版申し込みはこちらから。

RPA プロセスインテリジェンス DX(デジタルトランスフォーメーション)
Bill Galusha ABBYY

Bill Galusha

Director, Product Marketing - RPA & Data Capture at ABBYY

ブログのアップデートを購読

購読登録が正常に完了しました。メールボックスにメールが届いておりますのでご確認下さい。数分待ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールボックスをご確認頂けますと幸いです。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、またはABBYYデータ主体アクセス権利フォームを介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

サブスクリプションが無事完了しました!

SNSでつながりましょう