SAP Intelligent RPAでのABBYYインテリジェント文書処理との統合

SAP Intelligent RPA and ABBYY | ABBYY Blog Post

今日の企業はデジタル変革の過程で急速に進んでいますが、請求書、注文、その他の非構造化コンテンツなどのビジネスドキュメント内の重要な情報を抽出するという大きな課題があります。これらのさまざまなビジネスドキュメントのコンテンツの多くは、SAPや他のエンタープライズシステムなどのシステムに送られます。

事実として: “Forbes Global 2000企業の92%がSAPを採用しています” SAP Corporate Fact Sheet

デジタルトランスフォーメーション(DX)を率先して行おうとすると、全ての中心的な部分には、人間が繰り返すあらゆる定型のタスクを自動化するロボットプロセス自動化(RPA)が含まれます。これには、SAPなどのシステムと対話してデータを入力し、情報を検証することも含まれます。SAP Intelligent Robotic Process Automation(英語版) は、財務、販売、配送、製造、調達、調達、およびプロフェッショナルサービスにおけるこれらのタイプの手動タスクの自動化を支援し、従業員の反復的なタスクを自動化することで、会社の運用効率を改善し、コンプライアンスを向上させ、リスクを低減します。

文書、電子メール、および非構造化データを処理するためのSAPロボットのスキルアップ

企業がここ1,2年で学んだことは、RPAがドキュメントや電子メール、およびその他の非構造化データを含むプロセスの自動化に支援を必要としていることです。SAPロボットにインテリジェンスを追加するとお考えください。ロボットはビジョン、理解、ロボットプロセスへの洞察を適用する必要なデジタルスキルをあらかじめ備えており、それ故に、請求書、注文書、BOL (Bill of Lading)などのドキュメントを処理することが可能となります。そのデジタルスキル(コグニティブスキル)は、SAPロボットによって呼び出すことができるトレーニング済みソフトウェアです。そして、ドキュメントを請求書として識別し、ヘッダー、フッター、およびラインアイテムの詳細を特定して抽出し、SAPロボットにデータを返す前にデータを構造化および検証します。

次の図は、SAP Intelligent RPAとABBYYの間の一般的なプロセスフローを示しています。SAPロボットでメール、電子文書のようなインプットを集め、ABBYYの技術で非定型文書からコンテンツを抽出し、レビューを行い、SAPロボットがそのデータをS/4 HANAのようなシステムに届けるようなフローです。

SAP ABBYY Process flow

よくある誤解は、単なるOCRと思われることです。これでは、実際に何が起こっているかについてのマークを完全に逃してしまいます。別の先入観は、さまざまなベンダーの請求書のように、ドキュメントのバリエーションごとにテンプレートが必要であるというものです。 我々はそれが偽りであり、より良いソリューションを提供するために、無残にプロジェクトを失敗させないためにここにいます。

文書が処理されるときに何が起こっているかを考える、より良い方法は、ビジョン、理解、洞察という言葉を浮かべ、幅広く、どんな自動化が可能かを検討することです。

ビジョン/Vision – 文書内のテキストをデジタル化し、画像処理、解析を使って画像を読み取れるよう最適化し、単語、フレーズ、文、および段落をセグメント化することにより文書の構造的構成を分析する機能。

理解/Understanding – 文書タイプを分類してデータを抽出できるようにプロジェクトを学習させるために機械学習を採用。このソフトウェアはドキュメントの初期トレーニングセットから学習を開始し、人が検証する際に修正統計が収集されるにつれて、トレーニングセットが拡張され、学習は時間とともに改善されます。 請求書の場合、ABBYYは、企業が簡単に開始できるように事前トレーニング済みモデルを提供します。

洞察/Insight – 購入者と販売者のようなデータ間の関係の確立など、人間の判断を模倣するためにテキスト間の構造と意味を活用。

以下は、グローバル大手ITマーケティング調査会社、Everestグループでサービス最適化技術部門のディレクターを務める Anil Vijayanの注目すべきコメントです。

「RPAと組み合わせて使用されるAIテクノロジ - 機械学習(ML)、自然言語処理(NLP)、コンピュータービジョンを含む - は、スタンドアロンRPAによって達成可能なものよりもはるかに大きなビジネス上の利点を引き出す可能性があります。 この組み合わせは、プロセスの業務処理的な部分だけでなく、判断力が必要とされる部分も自動化するのに役立ちます。」

インテリジェントな文書処理のリーダーであるABBYY

ABBYYのインテリジェント文書処理プラットフォームは、最近、Everestグループの Intelligent Document Processing (IDP) Peak Matrix Assessment 2020にてリーダーとして選ばれました。ABBYYは、ビジョンと機能の軸で最高の地位を獲得しました。この軸は、特に、会社のビジョンと戦略、製品の機能、技術、および商用モデルの将来性と柔軟性を評価するものです。

ABBYYのインテリジェント文書処理プラットフォームとSAP Intelligent RPAを組み合わせると、ABBYYのコンテンツインテリジェンステクノロジーとソリューションは、コンテンツ中心のプロセスの自動化を支援するために必要なコグニティブスキルを提供します。 コンテンツインテリジェンスは、高度なビジネス上の意思決定に必要なスキルと理解を新しいデジタルワーカーに提供することで、企業の働き方を変え始めており、今後の主流になっていくでしょう。

次のステップとして

もし、既にSAPのお客様であり、SAP Intelligence RPAソリューションを使用している、または評価に興味がある場合は、SAPインテリジェントRPAとABBYY FlexiCaptureを組み合わせた製品の詳細を学ぶことができます。

SAPとABBYYチームによって6/3に実施されたウェビナ webinar(英語版)が公開されております。

また、SAPコミュニティに参加して、最新の技術ブログ投稿をご覧頂くことでより詳細を知ることもできます – How to Combine SAP Intelligent RPA with ABBYY FlexiCapture(英語版)。SAP Intelligent RPAおよびABBYY FlexiCaptureのライセンスを既にお持ちの場合は、SAP Intelligent RPAストアから コネクタをダウンロード できます。

ABBYY FlexiCaptureについての概要、デモの依頼、お問い合わせはこちらから承ります。

OCR(文字認識) コンテンツの理解 Content Intelligence

ブログのアップデートを購読

購読登録が正常に完了しました。メールボックスにメールが届いておりますのでご確認下さい。数分待ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールボックスをご確認頂けますと幸いです。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、またはABBYYデータ主体アクセス権利フォームを介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

サブスクリプションが無事完了しました!

SNSでつながりましょう