コロナ後の未来の働き方を考える上で参考となる2020年必読記事10選

新型コロナ感染が終息をむかえたとき、働くということはどのように変化するでしょうか? これは、2020年の初めから私たち全員が気にしてきた質問です。いくつかの仕事が失われ、多くの新たな仕事が生まれましたが、ほとんどすべてが変わると思われます。 世界中の企業がDX (デジタルトランスフォーメーション)に注力し、優先し始めているため、人工知能、ソフトウェアロボット、および自動化がこの変化に大きな役割を果たしてくるようになりました。 コロナ後に何が起こるかを正確に予測することは誰にもできませんが、新しいテクノロジーやトレンドの加速により、職場の変化は破壊的な時期が続くことを私たちはわかっています。

以下紹介するものは、2020年以降の私たちの未来の働き方に関するストーリーお気に入り10選です。これは、皆さまが、より優れたDigital Intelligenceで不確実な未来に備えるのに役立ち、仕事が将来どのようなものになるかについての答えを導く手助けとなるかと思います。

1. Are Business Analysts Ready for the New Digital Era? - ビジネスアナリスト達は新しいデジタル時代の準備ができていますか?

人間が機械と並行して、寄り添って働く第4産業革命時代に入ると、デジタルワーカーが大量に導入されました。 Innotech Todayでは、RPAソフトウェアロボットの台頭と、新しいデジタル時代に向けて労働力を準備する2つの方法、つまり「アドボカシーとアクセス(インターネットを通じて社会システム制度の決定に影響を与える活動)」に対して、ビジネスユーザーがこれらの労働者を効果的に監督するためにどのように新しいデジタルスキルを身につけるべきかについて紹介されています。

記事はこちら

2. Onboarding Your Digital Workforce - デジタル労働力(例えばRPA)の導入活動

昨年、RPAは爆発的に需要が増加しましたが、多くの企業は依然としてたくさんのRPAプロジェクトが当初考えていたように機能せず失敗していることに気づきました。 私たちは、デジタルワーカー(RPA)を適切に導入し、彼らのパフォーマンスを注意深く監視して、デジタルワーカー(RPA)が最大限に活用されていることを確認する必要があることを学びました。 Chief Executiveでは、弊社CEOより、デジタルワーカー(RPA)がしっかりと仕事をこなしているかを確認する方法について語られています。

記事はこちら

3. Coronavirus Pandemic Reveals the Need for a Broader Digital Front Door - 新型コロナ感染流行は、より幅広いデジタルの導線、入り口の必要性を明らかにしました

昨年、全米の医療施設と医療提供者が新型コロナウィルスをさまざま経験し、なお継続していることがわかりました。 この危機により、多くの医療リーダーは、ケアの質を維持し個別のサービスを提供しながら、物理的なサービスの必要性をどのように減らすことができるかを評価するようになりました。 HIT Consultantでは、ヘルスケアシステムの新しい入り口と、デジタル戦略が、もはや「あれば良い」ではなく「必須」となっていることについて述べられています。

記事はこちら

ABBYY Timeline dashboard for hospitals

ABBYY Timeline は、ヘルスケアを提供されている方々に、継続的な運用上の洞察を提供するクラウドベースのプラットフォームです。 詳細は こちら。なお、ABBYY Timelineの体験版申し込みも承っております。日本語UIもサポートしております。

4. AI and Automation Enabling Remote Working During the COVID-19 Crisis - 新型コロナ感染危機の際にテレワークを可能にしたAIそして自動化

Enterprise Talkでは、ABBYYのAIエバンジェリストであるIvan Yamschikovが、CIOが現在の状況を乗り切るために必要なDX(デジタルトランスフォーメーション)についてインタビューしています。例えば、「時代の先を行くリーダーがどのように皆を先導するか、テレワークの際の従業員の生産性とパフォーマンスをどのように監視するか。 自動化への投資とこれが新型コロナ感染危機を乗り切る組織の能力にどのように直接関連しているのか。 企業が、従業員に権限を与えて自己責任を持つことができるようにし、プロセスがどこで壊れているかを発見させ、将来どのように早く立ち直らせるか。 」などです。

記事はこちら

5. Will COVID-19 Change Opinions About Automation Adoption? - 新型コロナ感染流行は自動化の採用に関して影響を与えますか?

ITProTodayでは、新型コロナ感染流行が続く中、この通常ではない時期にビジネスを継続するためには自動化の採用が一気に行われなければならないという証拠がいくつかあることについて話しました。 新型コロナウイルスの大流行は、創造的なソリューションを必要とするビジネス環境を生み出し、それらのソリューションの一部は自動化によってもたらされました。これは、今ビジネスを継続するために必要なソリューションが、さまざまな分野でデジタルへの移行を加速していることを示しています。

記事はこちら

6. Knowing WFH Preferences Key to Employee Recruitment and Retention - 在宅勤務の好みを知ることは従業員の採用と離職防止の鍵となることでしょう

work from home family

組織は、どんなタイプの作業環境がモチベーション、生産性、および作業満足度を得られるかについて、従業員の好みに耳を傾け、理解することで、従業員が従事する職場文化を作り出すことができます。これは、混乱や根本的な変化のときに特に重要です。 ReadWriteのコラムでは、新しい時代の仕事をリードするために、機敏で迅速に適応でき、従業員のやる気を引き出し、最高の人材を引き付ける魅力的な職場環境を構築できる組織が、どのようにして良いポジションに立てるかをお話しています。

記事はこちら

7. Want to be a Leader in the Digital-First Era? Upskill Your Workforce - デジタルファースト時代のリーダーになるためのスキルアップ

新型コロナ感染危機により、新しいグローバルなリモートワーカーが生まれ、企業は効率よくワークフローを合理化する革新的な方法を見つけるようになりました。 ソーシャルディスタンスを取ることで、多くの組織は新しいデジタルチャネルを模索し、サービス提供モデルを革新し、顧客にサービスを提供する方法を一から再考するようになりました。 こういったことが起こる中で、それによって必要とされるスキルの新しい基準ができあがりました。 ただし、これらのスキルセットを持った方々は不足しています。 我々が知っている仕事の世界は決してずっと同じではありません。 皆さまは将来の仕事の準備ができていますか?

記事はこちら

8. It’s Time to Upskill Your Digital Workforce - 今こそデジタル労働力を高めよう!

あなたの職場のデジタル労働力はどれくらいスマート(賢い)ですか? 現在、多くの組織がAIベースのスキルを活用してエンドツーエンドのアクティビティを実行させることにより人間の職務を遂行することができるデジタルワーカー、つまりソフトウェアベースの労働者を配置しています。 しかし、リーダー達は、これらのソフトウェアロボットが非構造化ドキュメントを含むような、より高度で複雑なタスクを自動化できないことにすぐに気づきます。

working from homeこのフォーブスの記事では、企業のセンターオブエクセレンス(CoE、組織横断的専門チーム)内の意思決定者が、DX導入から実際に影響を与えるために、適切な機能を備えたスキルアップしたデジタルワーカーと自動化プラットフォームをどのように検討する必要があるかについて説明しています。

記事はこちら

非構造的文書の処理にはABBYY FlexiCaptureが最適です。詳しくはこちら

9. How Task Mining Can Turbocharge Your Productivity - タスクマイニングによってどのように生産性を上げることができるのか?

経営陣は問題に直面しています。このコロナ下で急ぐことが多いからです。例えば、優先順位をリセットしたり、顧客が望む方法を再考したり、従来のオフィス環境に戻らない可能性が高い多くのスタッフとのハイブリッド作業を認めようとしたりと待ったなしの状況です。Analytics Insightでは、リーダーシップの一部として、どのようにタスクマイニングがすべての現代組織に対して多くの利点もたらすかを共有しています。特に以下について言及しています。

  • パフォーマンスを管理および監視するにはどうすればよいか?
  • プロセスとシステムの効率を向上させ続けるにはどうすればよいか?
  • 遠隔地にいる労働者の生産性をどのように高めることができるか?

記事はこちら

10. Six Professions That Should Get Their Own Robot in 2021 - 2021年にロボット化されるべき6つの職業

team meeting via video call

最近の統計によると、新型コロナ感染危機により、41%の企業がAI(人工知能)に目を向け、新しいデジタルな働き方を導入しています。 Digital Intelligenceを方針として掲げるABBYYのプロダクトマーケティング部長であるBill Galushaが、Innovation&Tech Todayにおいて、この変化の影響について説明し、従業員達が新しい同僚としてボットを迎える可能性を述べております。

記事はこちら

DX(デジタルトランスフォーメーション) Content Intelligence 新型コロナ感染症 デジタルインテリジェンス

ブログのアップデートを購読

購読登録が正常に完了しました。メールボックスにメールが届いておりますのでご確認下さい。数分待ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールボックスをご確認頂けますと幸いです。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、またはABBYYデータ主体アクセス権利フォームを介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

サブスクリプションが無事完了しました!

メールボックスをご確認の上、サブスクリプションを確定してください。数分経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認してください。

SNSでつながりましょう