ニュースルーム

ABBYY FlexiCaptureを日本で本格販売開始

ドキュメント認識・ドキュメントキャプチャ・言語技術やサービスを提供するリーダー企業であるABBYYジャパン株式会社(代表:小原洋、日本オフィス:横浜市港北区)は、インテリジェントなデータ・ドキュメントキャプチャソリューションABBYYFlexiCaptureを日本で本格販売を開始したと発表しました。ドキュメントベースのビジネスプロセスを賢く、より効率的にするために既存のプラットフォーム上にABBYY FlexiCaptureの最新拡張機能も搭載しております。分散文書処理、マルチチャンネルの文書入力、増加したシステムのユーザビリティ、制御および監視を展開するための高度なウェブベースのキャプチャは、最新拡張機能の一部です。FlexiCaptureプラットフォームは、請求書処理をサポートするように設計し拡張することも可能です。

ABBYY FlexiCaptureは、ビジネスの様々なシステムで使用する重要なデータを自動抽出でき、ドキュメントベースのプロセスを合理化する、エンタープライズ・ソフトウェア・プラットフォームです。FlexiCaptureを使うと、業務を効率化できコンプライアンスニーズの実現に加え、納税申告書、アンケート、契約書、請求書、顧客のメールや住宅ローンの文書に至るまで様々な文書からデータに簡単にアクセスすることができます。ABBYY FlexiCaptureは、180以上の言語の文書を処理し、手書き認識については100以上の言語をサポートします。スタンドアローンソリューションからエンタープライズレベルのプロジェクトにまで対応します。

「スマートなビジネスプロセスの自動化から、企業のデータの安全管理やビジネスシステム間のインテグレーションに至るまで、お客様のニーズは絶えず増大し変化しています。」とABBYYのデータキャプチ製品部門のディレクターVladislav Kuzminは述べています。「当社の最新のプラットフォームは、これらの要求に対処するために設計されています。」

FlexiCaptureには、次の主要な拡張機能が含まれています。

高度なWebベースのキャプチャワークフローのための分散型キャプチャシナリオ

ABBYY FlexiCaptureは、複数の地点からの入力やキャプチャドキュメントを可能にする分散処理をサポートしてます。モバイル・デバイスや、遠隔地からアクセス可能なWebベースのインターフェース、または中央ネットワーク上の複合機(複合機)を介していても処理が可能です。

最新の機能強化は、さらに、ユーザーがDMSのインターフェースから直接ウェブステーションを実行できるように、既存の文書管理システム(DMS)へのWebスキャンおよびWebキャプチャステーションを統合するなど、プロセスを改善するためのツールが含まれています。文書のキャプチャと入力はさらに強化されており、.Netスクリプトをカスタマイズしたり、スキャンステーション間で共通のスキャン設定を指定する機能が搭載されています。

デジタルドキュメントの処理とマルチチャンネルの文書入力

ABBYY FlexiCaptureは、様々なチャネルからの文書の入力をサポートしています。今日のコンプライアンス基準およびビジネス情報通信のストレージとアーカイブのための規制に対応する効率的な方法を探している組織には最適で、抽出されたデータのバッチと一緒に元の電子メールを保存することを可能にした強化された電子メールキャプチャ機能を提供しています。

電子メールの送信者、受信者、日付、時刻、および被験者の情報はまた、自動的に保存されたエクスポート一緒に認識されたデータを用いて、または必要に応じて、画像処理中に使用することができます。 電子メールの送信者、受信者、日付、時刻、および件名の情報を自動的に保存されそれらは認識されたデータと一緒にエクスポートされたり必要に応じて画像処理に使われます。また、SSLやTLS暗号化を使用したPOP3メールサーバーからのインポートがサポートされるようになりました。

強化された検証ステーションでより効率的なデータの検証

データが文書から抽出された後、部門のスタッフは簡単にデータ確認することができABBYY FlexiCapture検証ステーションを使用して、必要に応じてデータを編集できます。検証ステーションインターフェイスは、今、このプロセスの効率性と使いやすさを高めるために設計された機能を追加しました。例えば、特に注意が必要な主要なデータフィールドをハイライトしてくれる検証ステーションは、OCRの結果あるいは利用可能なデータベースから、代替の値を示唆してくれます。データフォームのフィールドは、ユーザーが複雑な文書を簡単に確認できるように、一般的な名前(例えばプロバイダ情報、課金情報など)の下で、論理的にグループ化することができます。データベースルックアップダイアログボックスには、ユーザーがデータベース・レコードのデータに容易にアクセスできるようにすることにより、検証プロセス中に更なるサポートを提供しています。

検証時のより柔軟な検索、閲覧、フィルタリイングとグループ化などのモニタリングや設定が強化されました。 お客様は特定のビジネス要件に基づいて最適な文書管理や出力のルールを調整することができます。 さらに様々なパラメータを用いることにより柔軟なカスタマイズが可能です。

強化されたシステムの監視および管理

現代の組織のセキュリティポリシーをサポートするため、FlexiCaptureは追加の可視性と制御を実現します。監査とプロジェクトレポート用のログインとログアウトの記録と集中監視機能が追加されました。エラーを知らせるe-mail アラート、許可要求、ライセンスの有効期限、その他の主要なイベントなどが追加されました。さらに詳細なライセンス情報のステータスビューなども可能になりました。

PDF/ Aのエクスポート機能

ABBYY FlexiCaptureは、より効率的なアーカイブプロセスを有効にするスキャンステーションから直接PDF/形式への文書のエクスポートをサポートしています。

即戦力の請求書処理やメールルームの自動化

請求書に特化したABBYY FlexiCapture for Invoicesは、請求書をデジタル化して分類しキーデータを抽出します。内蔵された国固有のルールに従って、検証します。それをアカウントシステムやERPなどのバックエンドシステムに送ります。

購入と価格

ABBYY FlexiCaptureは、世界中で購入可能です。ライセンスモデルと価格の詳細については、ABBYYパートナーまたはお近くのABBYYオフィスにお問い合わせください。FlexiCaptureの詳細については、www.abbyy.com/ja-jp/flexicapture/ をご覧ください

ABBYY株式会社について

ABBYY は情報を有効活用するテクノロジーとソリューションを提供する業界をリードするグローバルプロバイダーです。 同社は情報のライフサイクル全般を統合するコンテンツキャプチャおよび革新的な言語ベースのテクノロジーのスタンダードを確立します。 ABBYY ソリューションは業務プロセスの最適化、リスクの緩和、意思決定の迅速化、収益の拡大等を目的としています。 ABBYY テクノロジーは大規模の国際的企業や政府組織、ならびに中小企業や個人のお客様にも使用され、ライセンス供与されています。 同社はオーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、スペイン、台湾、UAE、英国、ウクライナ、米国の各国に拠点があります。

ABBYY、ABBYYロゴは ABBYY Software Ltd の登録商標または商標です。 また、本文書で使用されたその他の製品名はそれぞれの所有者に属する商標、および/または登録商標である可能性があり、ここに認識されています。