アーキテクチャ

Vantageプラットフォームをプライベートクラウド内にオンプレミスで実装するか、あるいはABBYY Cloudを利用して、ニーズに合った規模にスケールさせましょう。

Vantageは、クラウドファーストのプラットフォームとして設計されており、プライベートクラウド内にオンプレミスでのデプロイが可能です。あるいは、ABBYY Cloudを用いてアクセスすることもできます。Vantageは、コンテナのオーケストレーションを行うためにDockerのコンテナやKubernetesを利用しています。また、ロギングやモニタリング機能も搭載されており、ITチームにとって必要なシステム全体のオペレーション管理が可能になります。

事前に用意されたコネクタ、あるいはVantage REST APIを使用することで、Vantageスキルをほぼ全てのアプリケーションやデバイスに統合することができます。

Vantage 2 JA Desktop
Vantage 2 JA 768
Vantage 2 JA 320

Vantageの可用性とデプロイメント

Benefits 208R 77X77

企業のビジネスプロセスに取り込む

企業は、VantageスキルをITシステムに加えることができます。これにより、文書内の主要なインサイトを企業内のソフトウェアシステムで利用することが可能になります。例として、ERP、ECM、チャットボット/システムオブエンゲージメントなどが挙げられます。

Benefits 162B 77X77

特定向けエンタープライズソフトウェア・アプリケーションとの統合

ソフトウェアベンダー(ISVs)のなかには、各業種の専門的なユースケースに合わせてエンタープライズアプリケーションを開発しているところもあります。例えば、order-to-cash(O2C)、保険金請求の処理、あるいはカスタマーオンボーディングなどです。これらのベンダーは、学習済みのVantageスキルを統合することが可能です。これにより、文書の特定や文書からのデータの抽出をインテリジェントに行うことができ、顧客により大きな価値を創出します。

Benefits 210R 77X77

インテリジェント・オートメーションシステムとの接続

自社内における作業プロセスのオーケストレーションを行うために、RPAやBPM、その他のオートメーション・プラットフォームを活用している企業は、学習済みのVantageスキルを簡単に接続させることができます。自動的に文書を分類し、ビジネスデータを抽出することで、デジタルワーカーやワークフローのプロセス内に結果を還元します。

お問い合わせ

デモの依頼

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、ABBYY Solutions Ltd.から送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!

まもなくご連絡差し上げます。お住まいの地域のABBYYオフィスにご連絡なさる場合は、お問い合わせページ
へお進みください。
よろしくお願いいたします
ABBYY チーム