ABBYY VantageBETA

デジタルワークフォースのためのコグニティブスキル・プラットフォーム

コグニティブスキルを活用したより一層スマートな文書処理

Vantageの活用方法

まずスタートにABBYY Marketplace内にあるスキルを使い始めましょう。あるいはスキルの学習を行い、それを発行して利用可能にしましょう。そうすることで、これらが各オートメーションツールによって発見できるようになります。これらのツールには、RPA、BPM、 ECM、システムオブエンゲージメント、モバイルデバイスなどが挙げられます。

Vantage 2020 Scheme Overview
Vantage 2020 Scheme JP Overview 768
Vantage 2020 Scheme JP Overview 320
スキルの設計と学習

Vantage Skill Designer(スキルデザイナー)を使用してスキルの設計と学習を一から始めるか、ABBYY Marketplace(マーケットプレイス)で提供されている事前に学習されたスキルを利用することもできます。

スキルの公開(利用)

作成したスキルをVantageカタログに公開し、サポート済みコネクタを用いて、プロセスオートメーション・プラットフォーム(RPAなど)やワークフロー内で、そのスキルが利用可能になります。 Vantage REST APIを活用し、外部システムへの独自インテグレーションも可能です。

パフォーマンスのモニタリング

一度スキルが実行されると、Vantageは、実行されたスキルのパフォーマンスを監視、計測、分析します。新しい学習モデルを作り上げることで、自動化を継続的に改善し、次のレベルに引き上げることができます。

お問い合わせ

デモの依頼

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!

まもなくご連絡差し上げます。お住まいの地域のABBYYオフィスにご連絡なさる場合は、お問い合わせページ
へお進みください。
よろしくお願いいたします
ABBYY チーム