RPAのパフォーマンスを強化するABBYYプロセスインテリジェンス

Process Intelligence Bolsters RPA Performance Cover | ABBYY Blog Post

「ボットをプロセスに配置した後、実際にボットが思ったとおりに動作しているかどうかをユーザは知りたいのです。 そのため、ユーザはプロセスインテリジェンスにフォーカスすべきだと考えています。」ABBYYの最高マーケティング責任者であるScott Opitzは、RPA Todayとの独占インタビューの中で、ABBYYプロセスインテリジェンスが、先駆けとなるRPAでの成功を促進し、統合されたエンドツーエンドでのエンタープライズ自動化の道を開く方法を明らかにします。

タスクマイニングとプロセスマイニングの関係について議論する際に、Opitzは「現実には、エンタープライズレベルのプロセス自動化のように見え始めたものはまだ始まったばかりです...デスクトップの分析(タスクマイニング)は“プロセスのごく一部での面倒なステップは何か”の分析であり、プロセス全体の分析(プロセスマイニング)は、全体的な運用を改善するための大きなチャンスです。」と述べています。

プロセスの検知、分析、および監視に加えて、プロセスインテリジェンスの最も強力な利点は、理想的なプロセス結果を達成するために、最良の次ステップへエンドユーザを導く予想と予測を提供していることとなります。 Opitzは「我々は、プロセスからマイニングしたこのすべてのデータを取得し、ニューラルネットを含むAIを活用し、トレーニングして、人間が主導ではできない微妙な影響や組み合わせを見つけることができると考えております。 そのデータをロードし、それを使用してニューラル[ネットワーク]をトレーニングするだけで、プロセスライフサイクルの非常に早い段階で、“その最終状態がどうなるか、あるいは将来のアクションが予定どおりに実行されるかどうか”を予測し、非常に効果的に仕事をすることができます。 」 と述べています。

全てのインタビューをお読みいただき、プロセスマイニングを超えるプロセスインテリジェンスとは何かを明らかにし、業界における自動化がどこに向かっているのかを洞察して頂けますと幸いです。“C-Suite Spotlight: ABBYY’s Scott Opitz,” via RPA Today英語

プロセスインテリジェンス, RPA

プロセスインテリジェンスをサポートする製品、ABBYY Timelineの体験版申し込みはこちらから承っております。

プロセスインテリジェンス RPA

ブログのアップデートを購読

購読登録が正常に完了しました。メールボックスにメールが届いておりますのでご確認下さい。数分待ってもメールが届かないようでしたら、迷惑メールボックスをご確認頂けますと幸いです。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、またはABBYYデータ主体アクセス権利フォームを介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

サブスクリプションが無事完了しました!

SNSでつながりましょう