ABBYYが提供する、エンタープライズ向けソリューション

ABBYYのAI技術でビジネスプロセスをDX (デジタルトランスフォーメーション) させましょう。

ビジネスプロセスの健全かどうかに注意が向けられていますか?また、その透明性には?それらに向けられる労力は、報われていますか? 

ABBYYのAI技術でビジネスプロセスをDX(デジタルフォーメーション)させましょう。

スピード、 正確性、 コンプライアンス、 透明性が重要です。

プロセスをこれらの言葉で表現できるでしょうか?

これらはプロセス改善を達成するために必要なことですが、その一方で、企業レベルで行われる真のデジタル・トランスフォーメーション(DX)は、顧客の現状対応(カスタマエクスペリエンス)をベースにデジタル化を再定義するものです。これにより、新たな顧客獲得を目指し、既存の顧客との結びつきを強め、全体の価値を高めます。現在進行中のプロセスは、これらを達成するために役立っていますか? あるいは、道半ばで停滞していますか?

AI-OCRを含むAIを活用した自動化を行い、最大の成果を得られるのは、プロセスがどのように機能しているのかを理解し、うまくいっていない不必要な部分を特定できる場合のみです。効率を重視し、時間とコストの節約が可能となります。簡単に統制かけることが可能となります。喜びをもたらす顧客体験を提供します。このような点で、プロセスの単なるデジタル化と、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を導入した場合に、大きな差が生じます。

現在の多くの企業は、ABBYYのAI-OCRを含むAI技術を活用することで、次のように課題を解決しています…

  • 企業において、文書を扱うプロセスには、未だにマニュアル作業が多く残っています。
  • 特定の作業にRPAを導入された企業もありましたが、成果を得られていない例も多くあります。
  • 文書から抽出したOCRデータをRPA処理作業に組み込むのは、未だに難しいと感じているケースです。
  • そういった企業では、プロセスのなかでうまくいっていない領域を特定するためのサポートを必要としています。
  • 結果、企業がメッセージを受け取ってから、顧客がその返答を受け取るまでの時間が空きすぎるようなことが起こりえます。
  • そのため、これらの企業では新規顧客のために簡単で素早く提供できるオンボーディングのサポートを必要としています。

AI-OCRを活用した文書処理による自動化

効率化を図るため、データとプロセスを理解することは、プロセス自動化の成果を出すための鍵となります。

プロセス改善は、プロセスの内側で何が起きているのかを理解することから始まります。 この情報は、効果的なソリューションを導入するために大変重要です。自動化する価値があるプロセスにおいて、それが実行されていないようであれば、はじめてAI-OCRを含むAIを活用した自動化は可能となり、プロセスの改善を進めることができます。 それは、例えば次のようなケースです:

ABBYYが提供する、エンタープライズ向けソリューション ABBYYが提供する、エンタープライズ向けソリューション ABBYYが提供する、エンタープライズ向けソリューション
  • 1

    ABBYYの技術により、エンドツーエンドのプロセスを可視化し、分析し、プロセスフローの中のボトルネックを見つけ出します。

  • 2

    ABBYYの技術により、正確に改善すべき部分を特定します。

  • 3

    プロセスにおいて最も価値を生み出せる部分に、ABBYYのAI-OCRを活用した文書処理を導入し、自動化します。これにより、目標に合わせた、プロセスの効率性、正確性、そして透明性の確保を支援します。

プロセスの徹底した分析の後には、作業を早くするためのコンテンツの自動化が続きます。同時に、プロセス改善できる可能性をリアルタイムで計測し続けます。これらの点において、デジタルトランスフォーメーション(DX)は通常のプロセス改善とは大きく異なります。顧客やステークホルダーに素晴らしいサービスを提供できるようになるのです。

ABBYY製品が解決します:お問い合わせ

データこそが、ビジネスプロセスを考える上での源となります。

データこそが、ビジネスプロセスを考える上での源となります。

文書の中には、データが内包されています。とりわけ、非構造化データには、多くのデータが詰まっています。非構造化データとは、Eメール、契約書、記入フォーム、そしてメッセージのやりとりなどです。これらのデータの処理にも、すでにRPAを活用したソリューションが導入、検討され始めております。そして、コンテンツが正しいプロセスを開始するために、より素早く、正確に、一貫して適切な場所に届けられるようになるけられるようになることで、より素早い顧客への対応や新規顧客のオンボーディングが実現できるようになります。また、全ての領域で顧客の現状対応(カスタマエクスペリエンス)をベースにデジタル化を再定義することができます。

AI-OCR技術を活用した文書処理は、文書から始まるプロセスを自動化するための新しいアプローチです。 RPAやBPMは、反復が多くミスが出やすい作業を含むプロセスに新しい可能性をもたらし、文書をより便利で活用しやすく、デジタルトランスフォーメーション(DX)化することができるようになりました。これまでにないほどのデータ活用が可能となっています。今までとの違いは、AI-OCR技術を活用した文書処理は、自動化が有効な特定のプロセスをターゲットにしていることです。そして、プロセスで必要とされるデータを処理し、使用可能な状態にします。

AI-OCR技術を活用したインテリジェントな文書処理とは?

probuild-logo

「AI-OCR技術を活用したインテリジェントな文書処理(Intelligent Document Processing:IDP)とは、文書(例えば、Eメール、テキスト、PDF、スキャンされた文書)からデータをOCR(抽出)する、文書を仕分けするあらゆるソフトウェアやソリューションの総称です。この実現には、最新のAI技術が不可欠であり、、コンピュータービジョン、OCR(AI-OCR)、自然言語処理(NLP)、そして機械学習/ディープラーニングなどが含まれます。これらのソリューションは、他の機能に影響を与えることなく、アプリケーションやシステム、そして他の自動化プラットフォームとの統合が可能です」

エベレストグループ、「Intelligent Document Processing (IDP) Peak Matrix Assessment」、 2020年

マーケットリーダーシップ

ABBYYは、大手コンサルティング調査会社であるエベレストグループが発行した最新の「Intelligent Document Processing Products PEAK Matrix™ Assessment 2020」で業界をけん引するリーダーに認定されました。

企業によるABBYY のAI-OCRを活用したIntelligent Document Processingの導入例:

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を使ったプロセスの改善

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を使ったプロセスの改善

ABBYYは、デジタル・ワークフォースにコグニティブスキルを提供します。これにより、デジタル・ワークフォースは、コンテンツを理解し、解釈します。そして、RPAプラットフォームやデジタル・ロボットをよりスマートで優れたものにし、高度なビジネス上の決定や、それに適したアクションの実行を可能にします。

顧客のオンボーディングやアカウントの開設プロセスの改善

顧客のオンボーディングやアカウントの開設プロセスの改善

顧客のオンボーディングやアカウント開設のプロセスにおいて、顧客情報を自動キャプチャし、必要なデータを抽出します。そして、検証を終えたエラー無しのデータを、確実にビジネスプロセスで使用可能となります。

バーチャル・メールルームを実現

バーチャル・メールルームを実現

ビジネスメッセージ(メール)を受け取ったらすぐに自動処理を開始します。それが、組織内のどこから送られたものであっても、いつでも処理が可能です。これにより、管理、処理時間、そしてカスタマエクスペリエンスが改善され、スムーズに組織内の正しい宛先へ届けることが可能となります。

カスタマエクスペリエンスの強化

カスタマエクスペリエンスの強化

電子ファイルや紙をベースにしたやり取り、クレーム、契約書や画像などをいつでも利用できるようにすることで、リアルタイムで効率的に顧客に対応できます。

プロセスのタイムラインを管理

プロセスのタイムラインを管理

プロセスを、リアルタイムで理解し、プロアクティブに文書処理の自動化を導入すべき領域を特定し、プロセスのデジタルトランスフォーメーション(DX)を行います。

関連商品

ビジネスプロセスの改善に役立つABBYY製品や、AI-OCR技術を活用した文書処理に関する詳細情報をご覧ください。

デモや詳細の問い合わせ

ABBYYのエンタープライズソリューションに関して、より詳細な情報を入手したい場合は、お問い合わせ下さい。

私は、今後いつでも同意の全部または一部を取り消すことができることを認識しています。

同意を取り消すためには、登録解除用Webページにアクセスしてください。または、dataprotection@abbyy.com までメールでご連絡ください。.

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

フォームをご送信いただき、ありがとうございます。

早急にご連絡差し上げます。