ABBYY FineReader Engine

多彩な機能を備えたOCRソフトウェア開発キット 

人工知能を活用したOCR機能をソフトウェアに統合 

身分証明書の機械可読領域(MRZ)の読み取りに、すぐに使えるテクノロジー

多くの身分証明書では、個人情報がICAO Doc 9303の規格に準拠し、機械可読領域(MRZ)内でコード化されています。 ABBYYのすぐに使えるテクノロジーは、身分証明書の機械可読領域(MRZ)内のフィールドデータを自動的に抽出し、関連するチェックデジットと照合します。 その照合結果は、XMLあるいはJSONフォーマットでエクスポートできます。 この機能は、顧客オンボーディングや身元確認作業のような、迅速なキャプチャや個人データ照合を必要とするシステムに、大きな付加価値をもたらします。

すぐに使える名刺読み取り技術

名刺は特殊な文書で、写真やスキャンでは1ページに複数の名刺が含まれていることも珍しくありません。 FineReader Engineは、すぐに使える名刺読み取り技術を搭載しており、名刺の読み取りを直接行うことができます。 特殊な前処理機能から、抽出データにアクセスするためのAPIまで、名刺を処理するのに必要なあらゆる機能を備えたAPIです。

11-BusinessCard

抽出可能なフィールド

  • 氏名
  • 社名
  • 役職
  • 会社の住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 携帯電話番号
  • ファックス番号
  • ホームページのURL

vCard形式にエクスポート

認識されたデータはvCard形式で保存できます。これは、メールやネットワークを介して名刺をやり取りする際によく使われる形式です。

27言語で名刺を読み取り可能

中国語(簡体字)
中国語(繁体字)
チェコ語
デンマーク語
オランダ語
英語
エストニア語
フィンランド語
フランス語
ドイツ語
ギリシャ語
ハンガリー語
インドネシア語
イタリア語
日本語
韓国語
ノルウェー語
ノルウェー語(ブークモール)
ノルウェー語(ニーノシュク)
ポーランド語
ポルトガル語(ブラジル)
ポルトガル語(標準)
ロシア語
スペイン語
スウェーデン語
トルコ語
ウクライナ語

1ページにスキャンされた複数の名刺を自動分割

  • 処理中に、1ページに収められた複数の名刺を検出できます。
  • 処理を行う前に、1ページにスキャンされた複数の名刺を複数のページに分割できます。

お問い合わせ

体験版を申し込む

下記のフォームにご入力いただければ、こちらから速やかにご連絡いたします。

私は、ABBYYから送信されるEメールに記載された配信停止リンクをクリックするか、または ABBYYデータ主体アクセス権利フォームを 介していつでも同意を取り消すことができることを理解しています。

このフォームを送信することで、私はプライバシーポリシーに記載されている目的に沿って自分の個人情報が使用されることに同意します。

ABBYY 製品 の お 問 合 せ あ り が と う ご ざ い ま す!

担当者より最短でご連絡差し上げますので少しお待ち下さい。ABBYYオフィスに直接ご連絡を取りたい場合はコンタクトページを参照下さい。

ABBYY ジ ャ パ ン 株式会社